スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム感想文 - S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat

02 27, 2010
S.T.A.L.K.E.R.もついに三作目。僕は過去の二作もやったんですが
正直クリアスカイはいただけんかった。
バグも多かった上に、これどうやって切り抜けるんだよ!?というような
無理やりなイベントが多かった。
でも今回は3度目の正直ということでバグも少なめで、ゲーム内容もうまくまとまっているので
前作のクリアスカイよりもいい感じです。

広い
広い2
前作のクリアスカイはマップが1作目のほぼ使いまわしであり、
ガッカリな感じが拭えませんでしたが
今回は全部新しくなっており、尚且ついままでのこじんまりとしたマップとは打って変わって
ひとつのマップが巨大になっております。ただし総数はたったの三つですが。
正直もう二つぐらいはほしかったなと思いました。

デカイ
デカイ2
しかし、しかしですよ。総数は少ないですが各マップにはあちこちに建物が配置されていて
非常に密度の濃いマップとなっています。一個一個丹精込めて作りこんだので3つしかないのです。

またクエストも、どこそこ行ってなんちゃら持って来いという単純なものばかりではなく
今回はカットシーン入れたり、ストーリー性を持たせたやり応えのあるものになってます。
まぁ正直カットシーンはショボいんですけど、面白いので許してあげましょう。

STALKERが好きな人は十分満足する出来になっているかと思われます。
ただし、STALKERをこれからやってみようかなという人にはオススメしません。
チュートリアルもなくいきなりZoneに放り出されるのです。一見さんお断りなのです。
なのでまずはSoCからやりましょう。SoCが楽しめたら買いましょう。
クリアスカイはスルーでいいです。知りませんあんなもの。
スポンサーサイト

ゲーム感想文 - MW2

01 24, 2010
こんにちわ
やぁ私だ。キャプテンプライスだ。
レビューはあらゆるメディアによって記されてきた。しかしレビューは嘘で満ち溢れている。
今日ここに私のMW2のレビューを記録しておく。

まずはシングルについてだ。
やりたいシチュエーションを考えてからストーリーを適当に考えました。そんな感じだ。
ロシアが大西洋超えてアメリカ東海岸にそう簡単にやって来れるわけがないだろうが!馬鹿者!
まぁ迫力ある演出は認めてやろう。あんまり詳しく書くとネタバレで怒られるから以上だ。

続いてマルチ。MW2はこちらがメインと言ってもいいだろう。
マルチはおまけと言われていた頃が懐かしい・・・。だが、それでも期待はするな。
最初に断っておきたいのは、シングルでは最強の私もマルチでは激弱だということだ。僻みが入ったレビューだ。
どいつもこいつも強すぎる。そして卑怯な輩も多すぎる。なんだあのGLばかり使う敵は?
こんな狭いマップでドッカンドッカン殺り合うなんてツマラナイではないか。
そして一番厄介なのはチーターだ。挙動がおかしい奴を結構見るのだ。
dedicatedサーバーはないからadminに通報してbanしてもらう手段も使えない。
頼みのVACもbanをするのは1,2週間経ってからだ。遅すぎる。
開いた口がふさがらない

そして強いやつはドンドンぶっ殺してキルストリークでさらに大量殺戮だと?
正直MW1の頃からこのシステムはどうかと思っていたが、今回はあろうことにこの要素が強化されている。
AC130やステルス爆撃機も呼べてやりたい放題だ。
25連続キルで核だなんて、レイプゲーをさっさと終わらせるいい手段になるとでも思ったか?
ところがどっこい、その核を目標にして引きこもってクソプレイしかやらん奴が出てきているな。
マップはどれもこれもパッとしない。悪い意味で入り組みすぎだ。
リスポンもおかしい。さっき倒された敵の真後ろ取るときがあるな。ペイバックのためか?
正直興ざめである。同じ奴と殺っては殺られを繰り返すネチネチした関係は持ちたくないのだよ。

面白いゲームではあるのだが、ドッカンドッカンやるだけのゲームになってしまったのは事実だな。
チート対策もVACにしか頼れないのは痛い。問題だらけのストレスフルなゲームである。
ただ、それでもプレイし続けてしまう魅力のあるゲームであることは確かだ。
それゆえにこの色々とふざけた仕様には残念である。

あ、偉そうですけどキャラなんです。許してください。
いいゲームなのはもう確実なのであえて悪いところだけ挙げてみようかなぁ~なんて。

ゲーム感想文 - OFP:DR

10 14, 2009
メニュー
リアル系FPSの金字塔OFPシリーズの最新作です。が、いろいろと大人の事情があったようで、元々OFPを開発した会社は制作に参加しておらず、今回はCMの自社開発です。
開発元の件や家庭用ゲーム機にも出るということでどうせカジュアルゲーになるんでしょ?と、OFPファンは期待してない人が多かったようです。
ご多聞にもれず僕もそんな感じだったんですが、いざ買ってみたらイイじゃない!
リアルという要素をゲームとして楽しめる範囲でうまーく落とし込めていると思います。
でもその所為か、人によってはリアルにもなりきれずカジュアルにもなれていない中途半端なゲームだなという評価の方もいるようです。
僕としてはその中途半端さこそがこのゲームの魅力ではないかと思いました。

なのでリアル系を知らない、やったことないけどちょっとやってみたいんだよねって人にはすごくお勧めじゃないでしょうか!また、GRなどのタクティカルシューター好きでも十分楽しめるでしょう。

ちなみにこのゲームのお話を簡単に説明しますと、米兵になって島から中華兵どもを追い出せ!な内容です。米対露の構図が多いのでこれはなかなか珍しい。

グラフィックについては綺麗だと思います。ですがショボいという意見をよく耳にします。
これでもショボイと
言うつもりですか?
正直これらはLow設定なので全然参考にならないのですが、これでも僕はショボイ思うどころか、むしろ全然綺麗に思いました。暖かく受け入れられます。見てみなさいよこの遠景を。煙のパーティクルを。そして尚且つ僕のショボスペックでも20~30fpsで安定するのは凄い。

瞬く星そして月
ついでにこのゲームは夜空が綺麗です。お空が綺麗なゲームは僕の中での評価が10点はアップします。お空が綺麗なゲームはよいゲーム。

それとこのゲームを語る上で外せないのが砲撃支援と航空支援です。
砲撃で敵が肉片になってゆく様子を遠くから眺めるのは至福のひととき。
砲撃は迫撃砲と榴弾砲と複数種類あり、効果範囲も状況に応じて色々と選べるのです。
そして航空支援。これは小型、大型ミサイルとJDAM(誘導爆弾)とこちらも複数選べますが、効果範囲とかは設定できません。ていうか誘導弾なので指示した場所に直撃しますから効果範囲もクソもない。こいつらの中で最も最高なのがJDAMです。ためしに落としてみましょう。

ドンと来いくるぞくるぞ
要請して少しするとコォォオオオオーと戦闘機の飛行音が聞こえて

yeeeaaaahhhhhh!!!woooohoooo!
画面からはみ出る大爆発!
こんなん見せ付けられたらエディターで要請可能回数999回にしてそっちこっち落としまくって遊んでしまうってもんですよ。


しかし、キャンペーン。これちょっと短い&ただのミッション集というイメージでストーリーとかキャラクターへの愛着とかそういうものは一切沸かない。この辺りちょっと寂しい感じがします。

それとマルチプレイヤー。これは正直よくなかったです・・・。listen serverのみだなんて・・・。
途中参加もできないってどういうことやねん・・・。
そして現在世界中からの接続によりサーバーがパンク状態らしく、ログインとか凄い時間かかります。
発売直後のお決まりパターンです。
あとはシリアルキーがない上にアンチチートもないとか色々言われてるようです。ただこの辺は僕はそんなに対戦をやらないので・・・まぁ別にいいかな・・・みたいな感じです。この手のリアル系ゲームの野良対戦ってあんまり面白くないんですもん。
全サーバーping0

あとはATロケット選ぶとすぐその場で強制的に装填作業始めちゃうせっかちさんを治していただきたい。間違えて押したら数秒動けない。
coopでも誰もいないところで装填始める人がいるのでこれに苦しんでいるのは僕だけじゃないはず。
これだけはなぜか受け付けません。切実に何とかしてください。

このマルチプレイヤーとキャンペーンのボリューム不足が難点ですが、それら以外は凄く良く出来ていると思います。良作ですよこれは!
コンシューマとのマルチプラットフォームでこれだけのものを作り上げたのは本当にGJであります。

ゲーム感想文 - Men of War

05 31, 2009
戦争の漢
手始めにどういうゲームか簡単に紹介しますとですね、基本RTSなんですがユニットをプレイヤーがアクションゲームのように直接動かせるDirect Control Modeという独自の要素がウリのRTS+アクションみたいなゲームです。

自分でコントロール中
僕みたいなRTSヘタクソ人間ですと、「おい!敵が来てるって!早く撃てよ!」「いやいや敵来てるって!そのまま後ろ下がれよ!Uターンしてる場合じゃねぇよ!」みたいにユニットの動きにイライラすることが多々あるのです。命令出してるのは自分なのに。
でもMoWだとDirect Control Modeがあるので「ええい!任せておけん!私が出る!」が出来るので割とイライラしないです。割と。


見事な側面攻撃でやられる
それと、これまた面白いのが妙なこだわりを見せる戦車の装甲システムでして、弾の貫通力、装甲の厚さ、入射角とか何やら多分いろいろ計算しているのでしょう(よく知らね)
ただ弾が当たればHPが減って、0になれば撃破!みたいなことにはならないのですよ。
テキトーに撃ってもガインガイン弾が弾かれて傷一つ付いて無いとかあるわけです。
逆に側面付かれて一発で大破ということもありえます。

ルガーはないのか!
また、各ユニットにはRPGのようにインベントリー(持ち物の概念)がありまして、
修理キットがあれば損傷した敵の戦車を修理して自分の隊に加えたり、死体から武器弾薬を剥ぎ取ることで戦闘を有利に進めることが出来るとか、そういうプレイが可能です。
アクション+RTSにさらにRPGまで加わっちゃった!凄いぞMen of War!

ただね、このいろいろなシステムのせいで難易度が高くなってるなってのはありますね。
一台の敵戦車の装甲が貫けないばっかりに全部隊がレイプさたり、
「歩兵ユニットが全然銃撃たない!どうなってんの!」と思ったら、一発も弾薬を持ってなかった。という状況がありました。
それに付け加えてキャンペーンの難易度も高いです。
米英独露各陣営のキャンペーンが用意されていてボリュームはたっぷりなんですが、
どいつもこいつも難しい。
しかも普通、難易度って進めるにつれて徐々に上がっていくものだと思うんですけど、
このゲームに限っては2面でいきなり難易度が上がり、
3面でまた下がるみたいな上下が激しいものになっています。
あと操作方法にもちょっとクセがありますね。

出来はいいし、僕なんかはハマったクチなんですが、
合う人合わない人が分かれる癖の強いゲームだと思います。
上記のことからチマッチマしたゲームが好きな人にオススメです。

ゲーム感想文 - GRAW2

04 04, 2009
GhostReconが新しくなって帰ってきた!GRAW2です。
なんとこの作品は!なんとGRAWの2作目です!!
え、GRAW1?知らんわ!そんなものは!
ストーリーは全然知らないのですが、とりあえずメキシコで大暴れすると思ってください。
graw2 2009-04-04 08-29-35-07graw2 2009-04-03 12-34-11-21

このようにグラフィックは大変綺麗です。
しかし、綺麗だからといって面白いかといえばそうは問屋が卸さないのが世の常です。
初期GRと比べるとやっぱり微妙であります。
まず、GR1では毎回ミッションに複数の目標があって、それをどの順で攻略するかはプレイヤーの判断に委ねられており、
マップも広く、アプローチ方法もいろいろあってそれは楽しいものでした。

GRAW2ではどうでしょうか。マップはほぼ一本道といっていいです。
ほんのちょっと迂回できるぐらいの裏道しか用意されてないので、毎回同じような順番でしか攻略できません。一応ステージによって例外もありますが。
ストーリー重視でヘリ墜落とかいろいろイベントが起こるようになったゲーム展開上、仕方のないことではありますが、やっぱり物足りないです。


AIはまぁ過去の作品よりは良くなりました。でもやっぱりまだまだアホです。
GR1とは違ってちゃんと遮蔽物を使ってカバーをしながら動きます。聞こえはいいですが実際はほとんど役に立ってませんが。
敵が全くいないところでもカバーしながら動きますからね。アホです。
僕が目的地まで一気に走ると、はるか後方で遮蔽物でカバーしながらゆっくりと付いてくるヤツラがいます。まっすぐ付いてくればいいのに。アホです。
だからと言って先に行かせるとガンガン撃たれて死にます。遮蔽物を見つけるのに必死で敵を見つけるのを忘れています。
連れてると疲れるので、大半の人は慣れてくると、待機させておいてプレイヤー一人で突き進んである程度敵を片付けたら移動命令を出す、みたいな感じのプレイに落ち着くんじゃないかと思います。
上のほうで過去の作品よりは良くなったとは言いましたけどもねぇ、まだGR1のAIのほうが使えたんじゃないか・・・?という思いがひしひしと。
仲間いらないです。正直。このゲームが詰まらんのは絶対こいつ等のせい。
だからcoopとかやったら最高なんじゃないでしょうか。
僕にはcoopをやる仲間がいない。クソが。


僕がしたかったのは・・・こんなGhostReconじゃない!!

アホAI参考映像

FC2カウンター
企画
プロフィール

menbou

Author:menbou
ブログについて:ゲームです。

PCスペック
OS:Win7 64bit
CPU:Core i5-750
メモリ:8G
グラボ:radeon HD5870
キーボード:Filcoの黒いやつ
マウス:EC2さん
モニター:G2420HD

最新記事
カテゴリ
リンク
Archives
GamerCard
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。